商船三井/船内環境見える化システムの構築、国交省の支援事業に

2017年04月03日 

商船三井は4月3日、同社が取り組んでいる「ICTを活用した船内環境見える化システムの構築」プロジェクトが、国土交通省の2017年度「先進安全船舶技術開発支援事業」に採択されたと発表した。

<ICTを活用した船内環境見える化システムの構築の概要図>

2016年11月に発表した「船舶維新NEXT ~MOL SMART SHIP PROJECT~」の一環として取り組み、技術開発案件の要素技術であり、船上で発生する労災事故軽減、乗組員のワークロード低減、技能向上を目指す。

今回の採択は、商船三井にとって、2016年度に引き続いてのもので、日本海事協会との共同研究としても実施する。

なお、「ICTを活用した船内環境見える化システムの構築」プロジェクト概要は、「ウェアラブルデバイスを用いた乗組員の健康・安全管理」、及び「ヘッドマウントディスプレー、 VR(仮想現実)/AR(拡張現実)技術を活用した乗組員教育、技能伝承、並びにメンテナンスや不具合時の遠隔支援システム」の開発により、安全運航の支援を行うと共に、乗組員の安全意識・技能の向上を図るもの。

最新ニュース

物流用語集