日本郵船/運航船が南太平洋で遭難したヨットを救助

2017年04月25日 

日本郵船は4月25日、運航するばら積み船「KEY OPUS」が4月15日、南太平洋で遭難していたヨットの乗組員1名を救助したと発表した。

<救助の様子>
20170425nyk 500x344 - 日本郵船/運航船が南太平洋で遭難したヨットを救助

この船は4月15日にオーストラリア・ブリスベンからチリ・メヒヨネスに向けて航行中、ニュージーランドの救難調整センターから救援要請を受け、悪天候により遭難していたヨットの救助活動を行った。

救助されたヨットの乗組員(国籍:ポーランド)の健康状態に問題はなく、チリに到着次第、ポーランド領事に引き渡される予定だ。

■KEY OPUS概要
船長:バル・アラン・アマシィーラ(VALLE ALLAN AMAGSILA)
船籍:パナマ
船員:19人(船長含む、国籍:フィリピン)
総トン数:4万2999トン
船種:ばら積み船
船主:山丸汽船

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集