LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

CRE/コイズミ物流と「ロジスクエア春日部」を賃貸借予約契約締結

2017年10月26日/物流施設

  • 関連キーワード
  • CRE

シーアールイー(CRE)は10月25日、埼玉県春日部市で開発を進めているる物流施設「ロジスクエア春日部」で小泉産業グループの物流企業であるコイズミ物流と賃貸借予約契約を締結したと発表した。

<ロジスクエア春日部 完成イメージ>
20171026cre 500x276 - CRE/コイズミ物流と「ロジスクエア春日部」を賃貸借予約契約締結

これにより、同施設は来年6月の竣工に先立ち、契約率100%となった。

契約は、「ロジスクエア春日部」の一棟全体(延床面積 2万2187m2)を一括賃貸するもので、コイズミ物流は小泉産業グループの東日本向け物流拠点と外販物流業務受託に向けた営業拠点として活用する。

施設のスペックや春日部市水角にある同社既存センターからの距離、最寄り駅から徒歩圏であること等を評価し「ロジスクエア春日部」の入居を決定した。

施設は、ワンフロアが7095m2の3階建て、1階のトラックバースを北側・東側の2面に配置し、場内出入口は入口専用、出口専用の計2か所のゲートを設け、敷地内車両動線をワンウェイとしている。

庫内は平均照度300ルクス以上、床荷重は1.5t/m2、有効高さは各階6.0m以上を確保し、防火区画壁には耐火断熱パネルを採用、さらにブレース(筋交い)や間柱を無くす事で保管効率の向上に寄与する設計となっている。

国道16号線と国道4号線(越谷春日部バイパス)に程近く、両国道の交差部分である「庄和」ICより約1.8kmに位置。

接道する都市計画道路藤塚米島線(幅員16m)の全線開通により、主要幹線道路へのアクセスが飛躍的に向上し、物流施設としてのロケーションは良好。

なお、東洋建設の設計施工により今年6月に着工し、2018年6月末を竣工予定として建設を進めている。

■開発プロジェクト概要
施設名称:ロジスクエア春日部
所在地:埼玉県春日部市永沼
敷地面積:1万3662.13m2
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造:柱 鉄筋コンクリート造+梁 鉄骨造 (3 階のみ柱 鉄骨造)
規模:地上3階建て
延ベ面積:2万2187.34m2
着工:2017年6月26日
竣工:2018年6月末(予定)
設計施工:東洋建設

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース