LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/子会社2社を再編

2017年11月29日/3PL・物流企業

JR貨物グループは11月29日、東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オイルターミナル」と、九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「オー・エル・エス」の2社を再編すると発表した。

再編方式は、日本オイルターミナルを存続会社とする吸収合併で、再編期日は2018年1月1日。再編新会社の社名は日本オイルターミナルとなる。

再編の目的は、両社の持つ経営資源を結合させることで、潤滑油等の石油関係品および有機化学品等の危険品およびその関連品をターゲットに、倉庫保管・トラック輸送・鉄道輸送を結合させた危険品総合物流事業の全国展開を図るため。

危険品総合物流事業の拡大による外部収入の拡大と会社経営基盤の強化を図ることで、エネルギー需要構造変化に伴う石油需要減少の影響を受けつつある石油ターミナル事業を安定的に運営し、JR貨物の使命である内陸部への石油供給責任を果たしていく。

さらに、先に挙げた目的を達することで、JR貨物グループとして鉄道輸送を基軸とした総合物流企業グループとしての事業展開をすすめていく。

■再編新会社の概要
社名:日本オイルターミナル
資本金:8億円
本店:東京都千代田区有楽町1-10-1
※現 日本オイルターミナル本社事務所
従業員数:270名
http://www.oil-terminal.co.jp/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース