三菱造船/新日本海フェリーから大型高速フェリー2隻受注

2019年09月24日 

三菱造船は9月24日、新日本海フェリーから大型高速フェリー2隻を受注したと発表した。

新造船は、三菱重工業 長崎造船所の本工場(立神)で建造し、2021年の完成・引渡しを予定。最大で旅客定員268人、12mトラック154台、乗用車30台を積載できる。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより在来船比6%の省エネルギーを実現。2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として主機関(4台)と発電機関(3台)に排ガス浄化装置(スクラバー)を搭載する。

■新造船の概要
全長:222.5m
幅:25m
深さ:20.4m
喫水:7.4m
総トン数:1万5400トン
旅客定員:268人
積載能力:12mトラック154台、乗用車30台
完成時期:2021年
受注先:新日本海フェリー

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集