大和物流/愛知県小牧市で1.4万m2の冷凍・冷蔵物流施設竣工

2019年09月25日 

大和物流は9月25日、愛知県小牧市で「小牧物流センターII」を8月31日に竣工したと発表した。

<外観>

小牧物流センターII

新施設は延床面積1万4000m2の冷凍・冷蔵設備を備えた物流施設で、横浜低温流通へ物流不動産として全棟賃貸し、同社の東名小牧ロジスティックセンターとして10月1日から稼働を予定している。

大和物流が手掛けた同社最大規模の物流施設開発「小牧長治プロジェクト」で、5月31日に竣工した「小牧物流センターⅠ」に続く2棟目の施設となっており、2棟合計延床面積3万7000m2超の倉庫が完成した。

■小牧物流センターII
所在地:愛知県小牧市長治町30
敷地面積:8966.75m2
延床面積:1万4482.68m2
構造・規模:鉄骨造地上4階建(倉庫3層)
最寄りIC:北陸自動車道「小牧IC」「春日井IC」から4.5km
最寄り駅:名鉄小牧線「小牧原駅」から1.8㎞
設計・施工:大和ハウス工業
着工:2018年10月1日
竣工:8月31日
稼働:10月1日(予定)

最新ニュース

物流用語集