住友商事/倉庫内の高精度位置計測可能に、5G活用も視野

2020年03月25日 

住友商事は3月25日、米州住友商事を通じて、モバイル通信用無線電波のAI分析をもとにした高精度位置計測技術を持つOrigin Wireless(OW社)に出資したと発表した。

OW社は、Wi-Fi等の通信用無線電波の変化をAIで分析することで、カメラやセンサー、ウェアラブル機器等を用いることなく、人の動きや呼吸、心臓の鼓動等、微細な動きを検知する技術を保有している。

この技術は、高齢者の遠隔見守りサービスなどに利用を見込んでいるが、GPSが届かない屋内でも極めて高精度で位置情報を検知できることから、物流倉庫の動態管理などでも活用を想定。5G電波を活用することでさらなる精度の向上が確認されており、5Gを活用した新サービスの検討も進めている。

■Origin Wireless社の概要
本社所在地:米国メリーランド州
設立:2013年
事業内容:ワイヤレスセンシングソリューション
従業員:30名

最新ニュース

物流用語集