佐川GL/XフロンティアでECプラットフォームセンター開設

2020年03月31日 

佐川グローバルロジスティクスは3月31日、国内最大級の次世代型大規模物流センター「X フロンテ ィア」内の事業所で、4月1日より、通販事業者向けに「シームレスECプラットフォーム」のサ ービスを開始すると発表した。

<シームレスECプラットフォームに導入する自動棚搬送ロボットEVE>
シームレスECプラットフォームに導入する自動棚搬送ロボットEVE

<自動梱包機:Carton Wrap >
自動梱包機:Carton Wrap

物流業務のアウトソーシングを検討する際に課題となるのが、マテハン機器の導入に伴う初期投資や、倉庫のスペース使用料をはじめとする毎月の固定費。

佐川GLでは、先進的な物流ロボティクスを導入した機械設備やスペースを従量課金制で利用できる「シームレスECプラットフォーム」サービスをXフロンティアで提供する。

顧客は、このサービスを利用することで小規模からの物流業務の委託をマテハンの初期投資やスペースなどの固定費をかけずに、大手通販事業者と同等の作業品質で通販ビジネスを開始できる。

さらに、ECプラットフォーム階下には、佐川急便の中継センター開設が予定され、開設後は配送リードタイムや集荷カットタイムの短縮が見込まれている。

またこのサービスを起点として、SGホールディングスグループの国内外をつなぐ物流網を活用したビジネスの拡張も可能となる。輸出入や通関を担うSGHグローバル・ジャパンと連携し、国内配送・通関から海外でのラストマイル配送まで、ワンストップで越境ECビジネスの展開をサポートする。

最新ニュース

物流用語集