NTTロジスコ/千葉県市川市の5.7万m2物流施設、満床で竣工

2020年03月31日 

NTTロジスコは3月31日、千葉県市川市で「千葉物流センターE棟」を竣工したと発表した。

<外観>

<広域図>

千葉物流センターE棟は、地上4階建て延床面積5万7000m2で、エンターテインメント業界、IT機器などの企業が入居し、満床状態での竣工となった。

京葉道路「原木IC」から5分、首都高速道路湾岸線「千鳥町IC」から10分、 東京外郭環状道路「高谷JCT」から5分に位置しており、東京湾や成田空港など関東圏全域へのアクセスにも優れた立地。JR京葉線「二俣新町駅」からも徒歩5分と近く、従業員の通勤利便性も高い。

<休憩室>

施設では、BCP対策として停電時に貨物エレベーターや自動化設備などの電源として、400kVAの大型非常用発電機を設置。さらに、コンビニエンスストアを誘致したほか、大手インテリアメーカーのアスプルンドによる空間プロデュースを施したカフェ風の休憩室(約180坪) に、無料の無線LAN環境を整備し、居心地の良い空間を創出するなど、従業員が働きやすい職場環境を整えることで、安定した雇用確保を目指している。

■NTTロジスコ千葉物流センターE棟の概要
所在地:千葉県市川市二俣717-88
敷地面積:2万8500m2
延床面積:5万7117m2
構造・規模:鉄骨造6階建(倉庫4階)
床荷重:(1階)2.5t/m2、(2~4階)1.5t/m2
搬送設備:貨物用エレベータ5基、垂直搬送機5基
最寄りIC:京葉道路「原木IC」から1.5km
首都高速「千鳥町IC」から4.7km
JR京葉線「二俣新町駅」から徒歩5分
JR総武線「西船橋駅」から徒歩25分
竣工:2020年3月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集