東芝グループ2社/物流費上昇など受け、配電用変圧器値上げ

2020年04月06日 

東芝インフラシステムズと東芝産業機器システムは4月6日、配電用変圧器の価格を7月1日受注分から改定すると発表した。

「トップランナー油入変圧器2014Sシリーズ」「トップランナーモールド変圧器2014 TOSMOLD NFシリーズ」「スコット結線油入変圧器」「スコット結線モールド変圧器」「指定付属品」の価格を15%、それ以外の受注生産対応機種を30%引き上げる。

各種調達部材の価格高騰や人手不足による人件費・物流費の上昇が著しく、調達方法の変更による原価低減や製造工程の合理化、業務効率改善によるコスト低減に取り組んだものの、企業内部の努力のみでは製品の安定的な供給とサービスの維持が困難な状況となったことから、価格改定の実施を決定した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集