キムラユニティー/2020年3月期は増収増益

2020年04月27日 
関連キーワード:

キムラユニティーが4月27日に発表した2020年3月期決算によると、売上高543億900万円(前年同期比2.8%増)、営業利益25億5500万円(14.6%増)、経常利益27億5400万円(13.2%増)、親会社に帰属する当期純利益16億5700万円(14.2%増)となった。

物流サービス事業の売上高は376億3900万円(4.5%増)、営業利益は30億9500万円(6.8%増)だった。

なお、2021年3月期の連結業績予想については新型コロナウィルスの影響により現時点で見通しを立てることが困難なため、未定としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集