CRE/子会社がベトナムで1.4万m2の物流施設を竣工

2020年05月12日 

シーアールイー(CRE)の子会社である CRE Asia Pte. Ltd.(CRE Asia)と Sembcorp Development Ltd(セムコープ)が共同出資する Sembcorp Infra Services Pte. Ltd.(SIS SG)が、傘下の Sembcorp Infra Services Haiphong を通じ、ベトナムの VSIP ハイフォン複合都市・工業団地内で物流施設「Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)」を、4月29日に竣工したと発表した。

<Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)外観>
Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)外観

<Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)庫内>
Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)庫内

「Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)」は、2万3840m2の敷地に地上1階建て、延べ床面積1万4286m2㎡、高床式の平屋建て物流施設で、接車バースにはドックレベラーを設け、1区画2200m2とし、複数テナントによる分割使用が可能となっている。

基本スペックは、庫内有効高さは6m以上、床荷重2.0t/m2、一区画あたり電力容量200KVAとした汎用性の高い施設となっており、また、環境への配慮としてLED照明を取り入れ、セキュリティー対策として、敷地内にはCCTVカメラを配置している。

この物件の竣工により、CREがベトナムで進める物流施設開発事業の管理物件は3棟、延べ面積4万3565m2となる。

なお、「Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)」が位置するハイフォン市は、ベトナム北部最大の港湾都市であり、近年は高速道路や国際空港、港の整備が進み、輸出加工を主とする電気機械、電子機器、輸送機器等を扱う日系企業による進出も多く、今後も国際港湾都市として大きな発展が見込まれるエリア。

■Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)概要
施設名称:Sembcorp Logistics Park B (Hai Phong)
敷地面積:2万3840m2
建物構造:地上1階建て
延べ面積:1万4286m2
着工:2019年8月
竣工:2020年4月

最新ニュース

物流用語集