ANAHD、エアロネクスト/物流ドローンで業務提携

2020年05月20日 

ANAホールディングスと、エアロネクストは5月19日、物流ドローンの共同開発に向けた業務提携をスタートすると発表した。

<物流ドローン“Next DELIVERY”の試作機 飛行写真>
物流ドローン“Next DELIVERY”の試作機 飛行写真

<物流ドローン“Next DELIVERY”の試作機 荷物部分>
物流ドローン“Next DELIVERY”の試作機 荷物部分

これは、ANAHDのエアラインならびにドローンオペレーターとしての機体運航に関する知見と、エアロネクストの産業用ドローンの基本性能を向上させる機体構造設計技術 4D GRAVITYを融合し、「空の産業革命 レベル4(有人地帯での補助者なし目視外飛行)」に対応するもの。

両社の役割は、ANAHDでは航空機の安全運航に関する知見を活かし、ドローンオペレーターとして、福岡市や五島市で無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)による実証実験を行うなど、ドローン物流サービスの事業化に向けた検証を継続して実施しています。主要な用途や基本的な機体性能、また機体整備や運航管理にあたって必要な機能などについて、オペレーターとしての視点から知見を提供する。

エアロネクストでは、「ドローン前提社会の実現」と「新しい空域の経済化」を目指し、物流用途のドローン開発に力を入れ、4D GRAVITYを搭載した物流用ドローン機体“Next DELIVERY”の開発を進めてきた。

従来の物流ドローンの機体構造は、空撮用途から発展を遂げてきたドローンの機体構造を踏襲し、機体の飛行部及び搭載部が一体となった機体構造で、飛行姿勢に伴い荷物も傾いてしまう課題があった。Next DELIVERYでは、飛行部と荷物搭載部分を分離した分離結合型の機体構造により、荷物を常に水平に保つことができるようになり、加えて、重心位置を考慮した機体構造設計により、高性能な物流ドローン機体を実現することが可能となる。物流ドローンの共同開発にあたり、4D GRAVITY技術の提供を行う。

今後、ANAHDとエアロネクストは、2020年度内に共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始し、2022年度の「空の産業革命 レベル 4」解禁に向けて量産化をしていく。ドローン物流サービスが、さまざまな地域課題の解決する新たなインフラとして、社会実装することを目指していくとしている。

最新ニュース

物流用語集