西鉄/3月期の物流業は売上高3.7%減、営業利益20.8%減

2020年05月20日 

西日本鉄道が5月20日に発表した2020年3月期決算で、物流業の業績は、売上高994億4200万円(前年同期比3.7%減)、営業利益22億3800万円(20.8%減)となった。

国際物流事業では、前期に子会社化したNNR GLOBAL LOGISTICS FRANCE SASの寄与があったものの、米中通商問題の影響等による航空輸出取扱高や航空輸入取扱高の減少などにより減収となった。

国際貨物取扱高は、航空輸出で 10.3%減、航空輸入で 8.8%減、海運輸出で 0.2%増、海運輸入で 2.3%増となった。

次期は、現時点では、感染症流行の収束時期等が見通せないことなどから、業績に与える影響の合理的な算定が困難である。したがって、2021年3月期の連結業績予想につきましては、未定としている。合理的な見積もりが可能となった時点で、速やかに公表する。

最新ニュース

物流用語集