Doog/コロナ患者用宿泊療養施設で無人配送ロボット導入検証

2020年05月21日 

Doogは5月20日、提携事業者のciRoboticsと共に、 大分県が実施する無人配送ロボットの導入検証にサウザーを無償貸与したと発表した。

<サウザーベースユニット(左)とプロジェクトでカスタマイズしたサウザー>
サウザーベースユニット(左)とプロジェクトでカスタマイズしたサウザー

新型コロナウィルス流行下での取り組みに関しては、シンガポール子会社において現地行政機関からの要請に基づく消毒薬噴霧のためのカスタマイズや、荷物運搬用途での貸出等を実施中であるほか、日本国内においても緊急性・公共性を有する現場への協力について検討してきた。

サウザーは、Doogと契約する多数の提携事業者が展開し、現場導入を推進している。各事業者は、自社の商流や技術などを活かすことで、各市場セグメント(各業界・業種・地域など)において強みを持っており、現場に合わせたカスタマイズを含め対応している。

<プロジェクトの役割分担>
プロジェクトの役割分担

この大分県が実施するプロジェクトにはサウザーベースユニットメーカーであるDoogとサウザーの販売事業者であるciRoboticsが大分県に協力するかたちで実現した。ロボットの活用により、 感染者受け入れ施設において感染者とスタッフの接触機会を減らすことは、スタッフへの感染リスク軽減・精神的負担軽減両方の観点から効果が見込める。

導入検証は、コロナウィルス軽症者等を受け入れる宿泊療養施設「杜の湯リゾート」において、入居者向けの弁当配送業務、廃棄物回収業務での無人配送ロボットの活用可能性を検証するもの。

実施期間は5月20日~当面の間。検証機器は協働運搬ロボット「THOUZER(サウザー)」となる。

Doogでは今後も、様々な現場の課題解決につながる取り組みを進めていくとしている。また、シンガポール子会社での取り組みが先行しているサウザーへの噴霧器搭載等について、日本においてもサウザー販売事業者が複数の専門事業者と連携したプロジェクトを推進中であり、Doogも協力することで様々な現場へ展開可能なソリューションの準備を進めている。

最新ニュース

物流用語集