Hacobu/MOVOに日野のトラック位置情報接続、年内サービス化

2020年05月21日 

Hacobuと日野自動車は5月21日、Hacobuのデジタル物流情報プラットフォームと日野の商業物流・人流プラットフォームの連携を開始したと発表した。

両社は、オープンな物流情報プラットフォームを構築し、物流にまつわる社会課題の解決を図るため、2019年9月に資本業務提携を締結している。

今回の取り組みは協業の第1弾で、Hacobuの物流管理ソリューション「MOVO」に、日野のトラック車載GPSの位置情報を接続。そのうえで、2020年中に、MOVOで日野のトラック車載GPSの位置情報を活用したサービスを開始する。

<プラットフォーム連携の将来図>

日野自動車との協業は、Hacobuが2019年9月に採択された、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」の取り組みの一環で、同事業で掲げる物流情報プラットフォームに今回の連携で収集する位置情報を蓄積し、物流の最適化のためにオープンに活用することを目的としている。

Hacobuは位置情報連携のためのAPI仕様を定義しており、今後は物流情報プラットフォームと連携する位置情報の保有事業を募り、連携先パートナーの強化を図る方針。

物流情報プラットフォームにAPIを通じて接続する他サービス事業者には、一定のルールに基づいて位置情報を提供するサービスを順次開発する予定で、このサービスによってドライバーの人手不足や、トラックの長時間待機、低い積載効率などの物流課題を解決する他サービス事業者による新サービスの創出を支援するとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集