国交省/横浜港での走錨事故踏まえ、橋げたに防衝設備設置

2020年06月02日 

国土交通省港湾局は6月1日、港湾での船舶の走錨事故防止対策として、「港湾の施設の技術上の基準の細目を定める告示」の一部を改正したと発表した。

2019年9月の台風15号によって横浜港南本牧はま道路で起きた船舶の衝突事故(走錨)を踏まえ、今後の再発を防止する観点から、橋梁(臨港交通施設)を建設又は改良する場合には、船舶の走錨リスクを考慮し、必要に応じて「橋げた」の損傷を防止する防衝設備を設置する内容を追加した。

今後は、ハード対策に加えて、海上保安庁が実施する台風等の荒天時における船舶の錨泊制限等のソフト対策とも連携しつつ、港湾での走錨事故防止対策に努めるとしている。

なお、横浜港南本牧はま道路では、2020年度中に橋げたの損傷を防止するための防衝設備を整備する予定。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集