佐川急便/EVメーカーと電動配送車を共同開発、自動運転も視野

2020年06月16日 

佐川急便は6月16日、電気自動車の企画・開発・製造を手掛けるASFと共同で小型EV(電気自動車)を共同開発し、実証実験を行うことに6月1日付で基本合意したと発表した。

<ASFのコンセプトカー(乗用タイプ)を用いたイメージ車両(実際の開発車両とは異なる)>

今後、両社はプロジェクトチームを立ち上げ、試作車を製作。実証実験によって、新たな安全機器の開発、温室効果ガス削減及び業務作業や車両の課題を検証する。

開発する車両は、軽自動車規格のキャブバンタイプを予定。十分な安全性を確保した上で将来的な自動運転も視野に入れた開発を目指す。

ASFは、日本国内でのEVの普及促進を目指して6月に設立されたファブレスメーカー。台湾の台湾プラスチックグループ(Formosa Plastics Group:FPG)から資本や高品質バッテリー材料の供給面で支援を受けており、国内EVベンチャーのFOMMの技術協力を得て事業を進め、2021年にBtoB向けの要望を満たす量産車の開発設計を計画している。

■ASFの会社概要
所在地:東京都千代田区神田須田町1-10-4
設立:2020年6月
資本金:1500万円
事業内容:電気自動車の企画・開発・製造・販売、バッテリーリース事業、これらに附帯又は関連する一切の業務
URL:https://www.asf-ev.com

最新ニュース

物流用語集