大和ハウス/群馬県前橋市に1.29万m2のマルチ型物流施設を着工

2020年06月17日 

大和ハウス工業は6月17日、群馬県前橋市「2号工業団地」内で、群馬県初のマルチテナント型物流施設「DPL前橋」を7月1日に着工すると発表した。

<「DPL前橋」外観パース>
「DPL前橋」外観パース

<「DPL前橋」鳥瞰パースと位置図>
「DPL前橋」鳥瞰パースと位置図

<「DPL前橋」広域位置図>
「DPL前橋」広域位置図

グループが保有する経営資源(建築物の調査、設計、施工、建物の管理・運営に関するノウハウ)を組み合わせ、群馬県初のマルチテナント型物流施設「DPL前橋」を開発することになったもの。

「DPL前橋」は、鉄骨造平屋建て、延床面積1万2997.68m2の広さを誇る群馬県初のマルチテナント型物流施設。この物件は、インターネット通販事業者や小売業者、関東及び東北方面への配送を手掛ける事業者等、複数のテナント企業の入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界での市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができるとしている。

交通アクセスでは、関越自動車道「前橋IC」より約3.5km(約9分)、関越自動車道と北関東自動車道を接続する「高崎JCT」、関越自動車道と上信越自動車道を接続する「藤岡JCT」と近接しているため、関東甲信越方面等の広範囲の配送に適した立地。さらに、JR両毛線「前橋駅」まで約4kmと職住近接の就労環境が整っている。

2テナントの入居が可能で、約5800m2㎡の区画から入居できる物流施設。また、各区画に事務所を設置することもできるなど、テナント企業の様々なニーズに対応することができる。

■建物概要
名称:「DPL前橋」
所在地:群馬県前橋市大渡町1‐10‐11
交通:関越自動車道「前橋インターチェンジ」より約3.5km
JR両毛線「前橋駅」から約4km
敷地面積:2万2193.34m2
建築面積:1万2999.51m2
延床面積:1万2997.68m2
賃貸面積:1万1845.71m2
構造・規模:鉄骨造平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業
設計・監理:フクダ・アンド・パートナーズ
施工:村本建設
着工:2020年7月1日
竣工:2021年3月20日(予定)
入居:2021年3月末(予定)
総投資額:約25億円

最新ニュース

物流用語集