川崎汽船/ブラジル沖Marlim鉱区向けFPSO保有・傭船事業へ参画

2020年07月09日 

川崎汽船は7月9日、マレーシアのエネルギー・サービス事業者であるYinson Holdings Berhad(インソン社)の100%出資子会社、及び住友商事と、ブラジル国営石油会社のペトロブラス社が開発するブラジル・リオデジャネイロ沖Marlim(マーリム)鉱区向け浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)の保有・傭船事業への出資参画に関する契約を締結したと発表した。

<ガーナ沖で操業中のFPSO(FPSO John Agyekum Kufuor(インソン社提供))>
ガーナ沖で操業中のFPSO(FPSO John Agyekum Kufuor(インソン社提供))

川崎汽船は、このFPSOの安定操業後(2023年予定)に事業会社の株式約10%を取得し、本事業に参画の予定。

FPSOは、ブラジル沖約150キロメートルのカンポス盆地に位置するMarlim鉱区で、ペトロブラス社が行う油ガス田の再開発事業に利用される予定で、現在、インソン社と住友商事は、ペトロブラス社との間で定期傭船契約および操業・保守契約を締結しているFPSO保有・傭船会社および操業保守会社へ共同出資をしている。
この事業ではインソン社を始めとして、住友商事、川崎汽船は2023年第1四半期の石油・ガス生産開始を目指すとともに、設備完工から25年の契約期間(延長オプション無し)にわたり運営に携わる。

川崎汽船にとって、この事業は2018年に参画したガーナ沖でのFPSO事業に続く、インソン社及び住友商事との2件目のFPSO協業事業であり、本年度より技術者をインソン社が主導するプロジェクトチーム(シンガポール)に派遣の上、効率的に操業・管理に関する知見を獲得するための準備を進める予定だ。

なお、FPSOとは、洋上で石油やガスを生産し、タンクに貯蔵した上で、直接タンカーへの積み出しを行う設備のこと。

最新ニュース

物流用語集