JR貨物/7月20日から一部区間でトラック代行輸送を計画

2020年07月17日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は7月17日15時段階の7月豪雨に伴う貨物列車への影響について発表した。

<7月豪雨に伴う貨物列車の運転区間における主な被害状況>
7月豪雨に伴う貨物列車の運転区間における主な被害状況

依然、鹿児島線・肥薩おれんじ鉄道線 鳥栖貨物ターミナル駅~鹿児島貨物ターミナル駅間は不通の状態で、現在のところ復旧の見込みはたっていない。

そのため代行輸送として、7日より運転中止区間においてトラックによる代行輸送を実施しているが、20日以降は北九州貨物ターミナル駅~熊本駅・八代駅間(150 個程度/日)、福岡貨物ターミナル駅~鹿児島貨物ターミナル駅・川内駅間(110 個程度/日)を計画している。

最新ニュース

物流用語集