ワコール/ECビジネス強化、発送業務の効率化で物流倉庫を一元化

2020年07月17日 

ワコールは7月16日、自社ECビジネスの成長強化と発送業務の効率化を目的に、ワコール流通の守山流通センターを増築し、2022年9月からの稼働を目指すと発表した。

<守山流通センター完成予想図>
守山流通センター完成予想図

独自のオムニチャネル戦略で進めるオンラインとオフラインとの連携・融合に対応できる物流の一元体制を構築することにより自社ECビジネスの成長に貢献するほか、これまでのノウハウを活用し、さらなる生産性向上と省人化を実現するとしている。

守山流通センターは、2006年の稼働以降、主に国内の卸売事業の物流拠点として、入荷・在庫の管理・ピッキング・発送などの一貫した物流システム体制を構築してきた。

今回の拡張により、守山流通センターの倉庫面積は従来比で1.6倍、発送能力を1.3倍に増強することとなり、現在、外部業者に委託している一般顧客向けの配送業務を自主で運営することとなる。また、ワコールの商品在庫(返品在庫を除く)が一元化されることとなり、ワコールで進める独自のオムニチャネル戦略の推進に向けた物流モデルが構築されることとなる。

さらに、最新のマテリアルハンドリング機器の導入による効率的な物流運営を実現するだけでなく、今後の小売環境の変化に機動的に対応できる体制を構築することで、多様化する顧客の需要に応えるとともに、持続的な利益成長に貢献するとしている。

■守山流通センター 計画概要
住所:滋賀県守山市千代町1番地1
スケジュール 
着工:2020年7月
竣工:2022年1月
稼働:2022年9月
増築面積(延床面積)約2万4090m2(7300坪)
(既設約3万9600m2(1万2000坪))
(合計約6万3690m2(1万9300坪))

最新ニュース

物流用語集