日通/函館~青森間フェリー事業会社を栗林商船へ譲渡

2020年07月17日 

日本通運は7月17日、連結子会社の北日本海運を栗林商船に譲渡すると発表した。

事業の選択と集中の観点から、栗林商船へ北日本海運の全株式77万290株を9月1日付で譲渡する。譲渡額は20億円。

北日本海運は、函館・青森航路のフェリー事業を運営しており、1962年5月に日本通運が連結子会社化。栗林商船とは、同社の子会社である共栄運輸と合弁で青函フェリーを1973年2月に設立している。

なお、現時点で日本通運が保有している北日本海運の株式は全体の99.5%で、残りは少数株主が保有している。日本通運は、少数株主から保有する株式の全てを取得したうえで、栗林商船へ全株式を譲渡する予定。

■北日本海運の概要
所在地:北海道函館市浅野町5-22
事業内容:一般旅客定期航路事業、内航運送取扱業
資本金:4000万円
設立:1944年4月10日
大株主:日本通運(99.5%)

最新ニュース

物流用語集