ベーヴェシステック/小物専用スプリット・トレイ式ソーター販売

2020年07月21日 

物流ソーターシステムの製造・販売・保守を行うベーヴェシステックジャパンは7月21日、小物アイテムに特化した仕分け設備のスプリット・トレイ式「オプティソーターST」の国内向け販売を、8月から開始すると発表した。

<オプティソーターST>
オプティソーターST

「オプティソーターST」は、時間あたり最大1万7200個の仕分能力を有する高処理能力ソーターで、ポストイン型小包や、アパレル、封書、日雑品など、現在取扱量が増加している 1個5kgまでの軽量・小物アイテムを想定して設計されている。配送先別などの間口に自動で仕分けを行うため、作業員同士が距離を保ちながら作業できる点も、コロナ禍対応の一助になるとしている。

トレイが2つに開くことで品物を下方に仕分けするスプリット・トレイは、仕分間口をソーター本体の下に設けること
ができるため、設置スペースの削減にも有効。トレイは、シングルとダブルの2種類。ダブルトレイは、2つの品物を同時に搬送し、別々に仕分けすることができる。別名ボンベイ式とも呼ばれ、海外では利用が進んでいる。

なお、販売開始に合わせ、西新宿のショールームでは、スプリット・トレイ機構を見学できるモックアップ機を設置している。

■オプティソーターSTの主な仕様
搬送能力:シングルトレイ 最大 8600 個/時
    :ダブルトレイ 最大 1万7200 個/時
トレイサイズ:シングルW400mm x L600mm
      :ダブルW400mm x L400mm(x 2 式)
      (W400mm x L800mm のシングルユース可)
対象搬送物:高さ ≦200mm、 重さ5kgまで
(小型小包、封書、カタログ等の冊子、アパレル、日雑品など)
投入方法:手投入、自動投入
仕分間口:コンテナ、段ボール箱、郵袋などへ直接投入やスロープ付きシュートなど、要望に応じてカスタマイズ

最新ニュース

物流用語集