NEXCO東日本/関越自動車道三芳PAの従業員が新型コロナに感染

2020年07月27日 

東日本高速道路(NEXCO東日本)は7月27日、関越自動車道三芳PAのテナント従業員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

この従業員は、7月24日に医療機関でPCR検査後に自宅療養し、7月26日より宿泊療養している。7月25日に埼玉県が公表した新型コロナウイルス感染者であり、7月20日以降は勤務していない。

三芳PA(上り線)は、保健所などへ確認のもと消毒作業が完了しており、引き続き利用できる。濃厚接触者については、保健所の確認のもと、現在調査中。

この従業員については、業務従事中は常時マスクを着用し、定期的な手洗い、うがい、手指の消毒などを徹底し、顧客と接する業務に従事していた。

最新ニュース

物流用語集