トランコム/4~6月の売上高8.4%減、営業利益6.3%減

2020年07月27日 

トランコムが7月29日に発表した2021年3月期第1四半期決算によると、売上高359億3200万円(前年同期比8.4%減)、営業利益15億7200万円(6.3%減)、経常利益15億3800万円(8.0%減)、親会社に帰属する四半期純利益9億400万円(13.1%減)となった。

ロジスティクスマネジメント事業については、消費財を中心とした3PL事業であり、巣ごもり需要による食品・生活衛生品・日用雑貨品などの物量増加、個人宅配ニーズに対応した業績の伸長に加え、前期稼働拠点の通期寄与により、増収増益となった。

物流情報サービス事業については、国内輸送需要の減衰により、貨物情報数は前年同期比39.3%減少、空車情報数は同31.9%増加、成約件数は同15.5%減少となり、減収減益となった。

通期は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現時点では適正かつ合理的な算出が困難なため、状況が落ち着き、事業活動への影響確認が進み、業績予想の開示が可能となった段階で、速やかに公表する。

最新ニュース

物流用語集