山九/マレーシアのポートクラン港にハブセンターを開設

2020年07月31日 

山九は7月31日、マレーシア現地法人の山九マレーシアが、2021年3月1日にポートクラン港ウエストポート内に「アジア・ハブセンター」を開設すると発表した。

<位置図>
位置図

<アジアハブセンター>
アジアハブセンター

このセンターは同日に開設する物流センター(7万320m2)の一部を借りて運営するもので、山九の倉庫スペースは2万m2。FTZ(自由貿易区)内に位置しているため、非課税で、非居住者在庫や保管中の転売、荷姿変換などが可能な他、輸出入手続きの免除など、荷主にとってコスト削減並びにリードタイム短縮が実現可能となる。

ここ数年マレーシアでは、税関による保税運送手続きの厳格化の動きが進んでおり、ハブ機能型倉庫はFTZ内の立地が必須となる可能性が高まっている。同センターではこれらの動きを背景とした顧客ニーズへの対応を目的としている。

また、倉庫の開設に先駆け、同港のターミナルオペレーターWest Port社と5月29日に契約を締結し、6月1日よりTSP(Transshipment Staged Post)サービスの提供を開始した。

このサービスの利用によりコンテナヤードにデバンしない状態で荷物を優遇条件で保管することができ、4週間のフリー期間を設定し、保管期間中に最終仕向け地を選択することが可能となる。

今後は港での在庫期間が短い貨物はTSPサービス、長期間の保管が見込まれる貨物はアジア・ハブセンターを活用することで、アジア域内のサプライチェーン再構築のニーズに対応する。なお、ウエストポートでTSPサービスを提供できる国際海上フォワーダーは山九のみとなる。

■概要
名称:アジア・ハブセンター
住所:Lot 55711, CT8 Back of Terminal (BOT)
Westport, 42009 Pulau Indah, Port Klang,
Selangor Darul Ehsan, Malaysia
開設日:2021年3月1日
倉庫面積:2万m2 平屋(高床式)
要員:36名(日本人1名)

最新ニュース

物流用語集