ネットスマイル/住友倉庫がAI-OCRサービスAIスキャンロボ導入

2020年08月06日 

人工知能(AI)によるサービスを開発するネットスマイルは8月6日、住友倉庫に提供した大量の書類を読み取りデータ化するAI-OCRサービス「AIスキャンロボ」の導入事例インタビューを公開した。

住友倉庫は国内物流事業のひとつである通関業務において、現在、NECとともに、AIスキャンロボを導入し、非常に煩雑な通関業務での実証実験を実施している。

これまで住友倉庫では、通関業務において船積書類(インボイス等)をプリントアウトして紙を見ながらチェックするなど紙媒体をベースとしており、実際の通関に至るまでの準備作業に、膨大な時間と手間が掛かってしまっていたのが大きな課題だった。

貿易の帳票は記載方法がとても複雑なため、従来のOCRでは対応が難しく不十分だったが、AIスキャンロボは複雑なフォーマットにも対応できること、また読取り箇所の設定も簡単にできることから、採用されたもの。

<「AIスキャンロボ」の導入前と導入後>
AIスキャンロボ」の導入前と導入後

なお、ネットスマイルの「AIスキャンロボ」は、 AIを活用した文字認識(OCR)技術のサービス。一般的なAI-OCRでは、1行に1データがある書類は読み込むことができるが、多段組など複雑な形式の請求書等の帳票には対応できていなかった。「AIスキャンロボ」は、複雑な形式の帳票が読み込める機能(特許出願中)を搭載しており、管理部門で使用する複雑で多種類の帳票のデータ化を可能にしている。

■住友倉庫の導入事例
https://aiocr.ai/voice/post-3.shtml

最新ニュース

物流用語集