上新電機、三井倉庫ロジ/大阪府茨木市の11.6万m2倉庫を1棟借り

2020年08月07日 

上新電機と三井倉庫ロジスティクスは8月7日、大阪府茨木市に阪急阪神不動産と三菱地所が共同で開発する倉庫面積11万6000m2の大型物流施設「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟)」を1棟借りすると発表した。

<ロジスタ・ロジクロス茨木彩都の外観イメージ>

両社は共同で「物流センター開設プロジェクト」を設置。三井倉庫ロジスティクスが施設を賃借し、上新電機の物流センターとして運営する。2021年夏頃から稼働を開始し、2022年春頃の本格稼働を目指す。

新物流センターでは、需要が高まるEC販売向けの業務処理能力を大幅に向上させた物流体制を構築する。

複数の倉庫を一拠点化し、リアル店舗とEC販売の在庫を一元管理することで、各チャネルが相互補完する仕組みを作るほか、AGVや物流業務補助システム、AIなどを活用した最新鋭の物流業務プロセスを導入し、リアル店舗とEC販売の特性を取り込んだビジネス複雑性を軽減するITシステムを構築する。

最新のマテハン機器を導入し、ロボティクスを含む倉庫業務運営の合理化を図るほか、業務の自動化によって労働人口の減少リスクにも対応。内陸へ拠点を移転することで、津波リスクの軽減を図る。

■新物流センターの概要
所在地:大阪府茨木市彩都もえぎ1-3-2(ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(A棟))
アクセス:名神高速道路「茨木IC」約2.5km
新名神高速道路「茨木千提寺IC」約6.5km
名神高速道路・中国自動車道・近畿自動車道「吹田JCT」約5.2km
構造:柱RC造(5階S造)・梁S造、地上5階 免震構造
倉庫面積:約11万6000m2
稼働開始:2021年夏頃
本格稼働:2022年春頃

最新ニュース

物流用語集