センコーHD/新型コロナの影響で4~6月は減収減益

2020年08月11日 

センコーHDが8月11日に発表した2021年3月期第1四半期決算によると、営業収益1333億3000万円(前年同期比2.8%減)、営業利益42億3100万円(15.3%減)、経常利益41億9700万円(15.8%減)、親会社に帰属する当期利益25億2600万円(19.6%減)となった。

物流事業、その他事業において新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受け、対前年同期比37億9000万円の減収となった。

利益面は、経費削減ならびにコスト改善・生産性向上にグループ全体で取り組んだが、営業収益の減少影響が大きく、前年同期を下回った。

物流事業は、ドラッグストアなどのチェーンストア関連の物量増があったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、ファッション関連や、学校給食・外食産業向けの冷凍冷蔵食品の物量などが大きく減少し、営業収益は915億9300万円と対前年同期比47億9700万円の減収となり、経費削減とコスト改善・生産性向上に努めたが、セグメント利益は37億5100万円と対前年同期比5億3900万円の減益となった。

商事・貿易事業は、大手量販店グループ向けの家庭紙の販売増、宅配ニーズ増加に伴う日用品の販売増などにより、営業収益は381億7100万円と対前年同期比15億800万円の増収、セグメント利益は8億2000万円と対前年同期比3億4600万円の増益となった。

通期は、営業収益5850億円(2.6%増)、営業利益202億円(2.2%減)、経常利益200億円(3.6%減)、親会社に帰属する当期利益114億円(5.6%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集