楽天/白馬岳山頂付近まで高度差1600mのドローン輸送成功

2020年09月18日 

楽天は9月18日、長野県白馬村の白馬岳で高度差1600mのドローン物流実証実験に成功したと発表した。

実証実験は、長野県白馬村を含む11の企業・団体・自治体が参画する白馬村山岳ドローン物流実用化協議会が、山岳エリアの抱える物資輸送の課題解決を目指し、8月中旬から9月中旬までの約1か月にわたり実施したもの。楽天は、ドローンの配送ソリューションの提供や運用を担当した。

白馬岳(標高2932m)の登山口にある「猿倉荘」(標高1250m)から、日本最大級の山岳宿舎「白馬山荘」(標高2832m)および白馬岳頂上宿舎(標高2730m)までの片道約5kmを配送ルートとし、振動で傷みやすい桃や梨など最大5kgの物資を傷つけることなく無事に配送。歩荷で約7時間かかる配送時間を約15分に短縮することができた。

■実証実験の概要
実施期間:8月中旬~9月中旬
配送ルート:猿倉荘から離陸し、白馬山荘および白馬岳頂上宿舎に着陸
飛行距離:片道約5km
配送物資:桃や梨などの果物他(最大5kg)
運営主体:白馬村山岳ドローン物流実用化協議会
ソリューション提供:楽天

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集