ヤマト運輸/アスクルがLOHACOに非対面受取サービス導入

2020年09月30日 

ヤマト運輸は9月30日、アスクルがEC向け新配送商品「EAZY」を日用品ショッピングサイト「LOHACO」で10月1日出荷分から導入すると発表した。

<受け取り場所は配達予定通知メールから選択する>
EAZY

EAZYの導入により、LOHACOで購入した商品を対面でのほか、「玄関ドア前」「宅配BOX」「ガスメーターBOX」「物置」「車庫」「自転車のかご」「建物内受付/管理人預け」など、希望する場所で受け取ることができるようになる。商品出荷後に送付される配達予定通知メールから希望の場所を指定することで利用でき、受け取り方法は配達直前までいつでも変更することができる。

EAZYは、ヤマトグループの経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」で掲げる「ECエコシステムの確立」に向けた取り組みの第一弾として、6月24日に提供を開始。アスクルのほかには、ZOZOが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」などで導入されている。

アスクルでは、LOHACOで購入者のニーズに合わせ、1時間刻みでの時間帯指定や深夜早朝配送などを提供しており、昨今の新型コロナウイルスの影響による新たな配送ニーズへの対応としてEAZYの導入を決定した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集