丸和運輸機関/埼玉県吉川市と災害時の一時避難場所提供で協定

2020年10月12日 

丸和運輸機関は10月7日、埼玉県吉川市と「洪水等の災害における一時避難場所施設利用に関する協定」を締結した。

<左側が丸和運輸機関の和佐見社長、右側が吉川市の中原市長>
左側が丸和運輸機関の和佐見社長、右側が吉川市の中原市長

この協定は、河川の氾濫等により洪水等の災害が発生した場合、地域住民の一時避難場所として丸和運輸機関の本社施設を提供するもので、市の指定する緊急避難場所、または浸水被害が予想される区域外に避難する時間がない市民の避難場所を確保することを目的としている。
 
丸和運輸機関においては、BCPを通じた地域貢献活動の取り組みの一環となる。

最新ニュース

物流用語集