富士通ほか/医薬品配送でブロックチェーン活用、実証PJ開始

2020年10月15日 

富士通、富士通研究所、サイバーエージェント、MG-DXの4社は10月15日、オンライン服薬指導における安全・確実な医薬品の配送を目的に、ブロックチェーンを活用した情報連携プラットフォームを実現する共同実証プロジェクトを10月1日より開始したと発表した。

<実証システムのイメージ>
実証システムのイメージ

このプロジェクトは、富士通研究所が開発したアイデンティティー流通技術「IDYX(IDentitY eXchange、以下 IDYX)」を実装した情報流通・活用プラットフォームを用いることで、医薬品のオンライン販売に関わる薬局・ドラッグストア、配送業者、購入者といった異なるステークホルダー間において、購入者の属性情報や医薬品の配送状況などをセキュアに共有可能とする情報連携プラットフォームを構築。医薬品の配送状況や授受の把握を可能とするサービスの確立とその検証を目的とするもの。

今後、サイバーエージェントおよびMG-DX、富士通、富士通研究所の4社は、2020年度中に情報連携プラットフォームの実用化に向けた技術とサービスモデルの検証を完了させる。

そして、2021年度中に医薬品販売や配送に関わる異なるステークホルダー間において医薬品の情報を安心安全に連携できるサービスの実現を目指すとしている。

なお、共同実証プロジェクトの期間は2020年10月~2021年9月。実証プロジェクトの内容は、「薬局・ドラッグストア、配送業者、購入者など異なるステークホルダー間において購入者の属性情報や医薬品の配送状況を相互に確認可能とする情報連携プラットフォームの構築」「配送時の医薬品の位置情報や授受の把握を可能とするサービスモデル・運用モデルの検証に向けた、OTC医薬品のデリバリーでの実証実験の実施」としている。

最新ニュース

物流用語集