日野自動車/車両の最大稼働へ、ICT予防整備モニタリングサービス

2020年10月16日 

日野自動車とグループ会社のMOBILOTSは10月16日、コネクティッド技術を活用した予防整備を通じて、顧客車両の稼働最大化に貢献するための「ICT予防整備モニタリングサービス」のトライアルを、2020年10月から順次開始すると発表した。

<トライアルのイメージ>
トライアルのイメージ

「ICT予防整備モニタリングサービス」とは、日野が全国販売会社と進めているコネクティッド技術を活用した予防整備提案に、MOBILOTSが提供するメンテナンスサービスを組み合わせたもの。

車両から収集した各種データを基に将来の車両不調に繋がる予兆をモニタリングし、不調が発生する前に予防整備を実施する。顧客車両の予期せぬ稼働停止に繋がる突発的な不調を低減することで稼働時間の最大化に貢献する。

新サービスにより期待される顧客メリットには「突発不調リスク低減・トータル整備時間短縮(車両のアップタイム向上・ダウンタイム削減)」「毎月定額のメンテナンス料で、日野のコネクティッド技術を活用した予防整備が可能」「車両に関する各種追加コストの低減(臨時整備費用等)」がある。

今後、両社は、各種評価・検証を行いながら、正式サービスとして展開を目指す。

最新ニュース

物流用語集