ロジザード/クラウド倉庫管理システムに台湾EC向け機能追加

2020年10月22日 

ロジザードは10月22日、同社の提供するクラウド倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」が台湾独自の物流要件に適用するため台湾EC向けオプション機能をリリースしたと発表した。

その機能の一つが 「統一発票」に対応した一体型帳票の出力。台湾でのEC物流では、商品出荷時に商品と一緒に統一発票を同梱することが求められることがある。ロジザードZEROでは、統一発票を含む伝票を一体型帳票という形で出力できるようになった。統一発票の入れ間違いや作業効率の向上を実現する。

コンビニ受け取りにも対応した。台湾では商品受け取りの主要手段として「コンビニ受け取り」が利用されている。ロジザードZEROでは、セブンイレブン・ファミリーマートなど主要コンビニエンスストアを対象とした帳票出力並びにデータ連携に対応。

また、「黒猫宅急便」用送り状発行システムとの連携も図った。統一速達が提供する「黒猫宅配便」は台湾の宅配業者で40%のシェアを持つと言われている。ロジザードZEROでは「黒猫宅配便」の送り状を発行するための専用システムとの連携に対応した。

ロジザードではかねてから、日本品質の倉庫管理システム(WMS)を海外の物流現場でも活用してもらうために、多言語対応や機能のローカライズを進めてきた。今回の台湾EC対応により、台湾における物流現場においても日本で実績のあるEC物流向けの機能を現地言語(中国語/繁体字)で簡単に利用することができる。

ロジザードでは、台湾に進出している日系物流会社とも連携しながら、EC事業者の台湾市場進出を物流面で一層支援していくとしている。

最新ニュース

物流用語集