SGHD/4~9月の売上高8.0%増、営業利益41.1%増

2020年10月30日 

SGホールディングスが10月30日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高6348億4600万円(前年同期比8.0%増)、営業利益524億9400万円(41.1%増)、経常利益527億7700万円(35.6%増)、親会社に帰属する当期利益372億9300万円(69.9%増)となった。

デリバリー事業の売上高は4925億2900万円(3.9%増)、営業利益は336億7800万円(26.4%増)となった。

継続的な感染症の影響により第2四半期連結累計期間の取扱個数は増加(前年同四半期比4.5%増)した。そのうち、BtoBの取扱個数は、経済活動が再開したことにより持ち直しの動きが見られるものの、減少した。一方、BtoCの取扱個数は、働き方や消費者のライフスタイルの変化によるeコマース市場の拡大を受け増加した。

平均単価は、適正運賃収受の取組みを継続しているものの、相対的にサイズの小さいBtoCの取引が増加したことにより微増となった。また、「TMS(Transportation Management System)」をはじめとする「GOAL」の営業活動、並びに幹線輸送の積載率向上などの生産性向上に取り組んだ。

ロジスティクス事業の売上高は899億9700万円(34.4%増)、営業利益は63億5700万円(392.9%増)となった。

ロジスティクス事業は、海外における個人用防護具の緊急国際輸送を2020年6月以降継続的に受託したことにより、フレイトフォワーディングの物量が増加した。また、感染症拡大によるロックダウンの影響で減少していた物量も持ち直した。

通期は、売上高1兆2480億円(6.3%増)、営業利益970億円(28.6%増)、経常利益980億円(21.7%増)、親会社に帰属する当期利益675億円(42.7%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集