ヤマトHD/EC宅配に3輪電動自転車、千葉で実証実験

2020年11月13日 

ヤマトホールディングスは11月19日、千葉県市川市で「ECエコシステム」の構築に向けた次世代集配モビリティの集配実証実験を開始する。

<RYTLE社の3輪電動自転車>
3輪電動自転車

<車体後部の荷物格納BOXは着脱が可能>
RYTLE

ドイツのスタートアップであるRYTLE(ライトル)社が開発した3輪電動自転車をラストワンマイルの配送現場に導入し、実証実験をもとに各種規制に適合するための改良を行った後、全国での導入を目指す。

次世代集配モビリティは、電動自転車のためCO2を排出しないほか、運転免許不要で多様な雇用機会の創出にもつながる。また、車体後部に設置する荷物格納BOXは着脱が可能で、このメリットを生かし、配達エリア単位での事前仕分けによる輸送工程の大幅な短縮や、遊休スペースを利用した新たな集配オペレーションについても検討を行っていく。

■導入するモビリティの仕様と特徴
サイズ:全長270cm×全幅120cm
最大積載量:120kg
特徴:運転免許不要、走行中のCO2排出ゼロ、荷物格納BOXが着脱可能

最新ニュース

物流用語集