上組/子会社の日本ポート産業が神戸市に新倉庫竣工

2020年11月16日 

上組は11月16日、日本ポート産業(JPI社)が、神戸市東灘区に冷凍冷蔵機能を備えた倉庫を9月30日に竣工したと発表した。

<神戸住吉冷蔵倉庫>
神戸住吉冷蔵倉庫

冷凍食品、乳製品、畜肉、果汁をはじめとする冷凍冷蔵貨物は、近年流通量が増加しており、今後も増加が見込まれている。これを受け、JPI社では、高い倉庫需要に応える為に新倉庫建設を決定したもの。

新倉庫は「高効率で環境負荷の少ない施設」をコンセプトに、冷凍冷蔵設備の冷媒ガスにフロンガスを使用せず、自然冷媒ガス(アンモニア、CO2)方式を採用している。

また、竣工した新倉庫の屋上一面に太陽光パネルを敷設し、新倉庫で使用する電力の一部を賄う環境に配慮した施設としている。

■神戸住吉冷蔵倉庫の概要
名称:神戸住吉冷蔵倉庫
住所:神戸市東灘区住吉浜町18番地12
竣工:2020年9月30日
建築面積:5349.88m2
延床面積:1万7898.48m2
収容能力:急速冷凍庫(-40℃)   690トン
  F級(-25℃)      1万5300トン
     C&F級(-25℃~+5℃) 5450トン
構造:鉄筋コンクリート造4階建
主要設備:垂直搬送機3基、荷物用エレベーター1基、解凍作業室
     冷蔵冷凍設備  自然冷媒ガス(アンモニア、CO2)方式を採用
太陽光発電量  450.18kW

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集