川崎重工/31万11000重量トン型VLCCを引き渡し

2020年11月17日 

川崎重工業は11月17日、中国遠洋海運集団と共同運営している南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS、中国南通市)で、CEDAR SHIPPING NAVIGATION S.A.(セダー シッピング ナビゲーション エスエー)向けVLCC「RYUOHSAN(リュウオウサン)」を引き渡したと発表した。

<RYUOHSAN(リュウオウサン)>
RYUOHSAN(リュウオウサン)

従来型の球状船首をなくし、喫水線における船長を長くした船首形状を新開発し、採用している。これにより、航走する際に発生する船首波による造波抵抗を大幅に減少させ、推進性能を高めている。

また、低回転超ロングストローク主機関と高効率の大直径プロペラの採用で低燃費を達成。主機関および発電機関の排気ガスの出口部にSOxスクラバーを搭載することで、2020年1月から施行開始されたSOx排出規制強化に対応している。この装置の搭載により、規制強化後も従来の燃料油を継続的に使用できるため、燃料油のコスト低減が期待できる。

■主要目
全長:339.50m
幅(型):60.00m
深さ(型):28.90m
満載喫水(型):21.00m
総トン数:16万2244
載貨重量:31万1808トン
主機関:MAN B&W 7G80ME-C9.5型ディーゼル機関1基
連続最大出力 2万2800kW × 58回転/分
乗船定員:36名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:日本

最新ニュース

物流用語集