メープルツリー/九州に物流施設用地取得、23万m2の倉庫開発へ

2020年11月24日 

メープルツリーは11月24日、福岡県筑紫野市にある総面積11万6319m2 の一等地を取得し、九州の物流市場に初進出したと発表した。

<2024 年春に完成予定の多層階物流施設の完成予想図>
2024 年春に完成予定の多層階物流施設の完成予想図

<今後4年間で建設される2棟で構成されるグレードAの近代的物流施設の俯瞰図>
今後4年間で建設される2棟で構成されるグレードAの近代的物流施設の俯瞰図

この土地は、2棟からなる多層階建ての物流倉庫に生まれ変わり、総床面積は23万1648m2、総投資額は5億5000万シンガポールドル超。完成時には九州最大の物流施設となる予定。

開発用地は九州自動車道筑紫野インターチェンジ(車で1分)、福岡空港(20分)、福岡市中心部(30分)などの主要交通インフラへのアクセスが良好。

メープルツリーのオーストラリア及び北アジア地域のWong Mun Hoong CEOは「九州地方の玄関口である福岡は、グループが近代的な物流施設用地として確信を持っている地域の一つ。九州地方の経済・行政・文化の中心地である福岡は、様々な産業が市内や周辺地域に戦略的に進出するのに魅力的なエリア。物流ポートフォリオの多様化に加え、今回の優良な土地の取得により、グループは九州でのプレゼンスを確立し、ビジネスパートナーに優良な物流スペースを提供し、日本国内 8地域中7地域でのネットワークを強化することが可能となる」とコメントしている。

■概要
所在地:福岡県筑紫野市
アクセス:九州自動車道筑紫野ICより1km未満、福岡市中心部より 20km
敷地面積
総面積:12万4879.94m2以下を含む
 倉庫エリア:11万6318.63m2
 アクセス道:8561.31m2
 総床面積:23万1648m2
総投資額:5億5000万シンガポールドル超

最新ニュース

物流用語集