ラサール、NIPPO/千葉県松戸市に大手EC企業の専用物流施設建設

2020年11月25日 

ラサール不動産投資顧問とNIPPOは11月25日、千葉県松戸市で「(仮称)松戸物流センター」の起工式を実施した。

<「(仮称)松戸物流センター」完成イメージ>
松戸物流センター

新施設は免震構造地上4階建て延床面積7万1000m2を計画しており、着工は12月1日、竣工は2022年1月を予定。竣工後は大手EC企業専用物流施設として稼働することが決定している。

冷凍冷蔵機能を有するほか、最新鋭の物流設備を備える予定で、BCP(事業継続計画)対策として非常用発電機などを備えるとともに、環境に配慮したLED照明や人感センサー、節水型衛生器具の設置を計画している。

<周辺図>
松戸物流センター

<広域図>
松戸物流センター

建設地が所在する「稔台工業団地」は首都圏の大消費地を目前に控えた好位置にあり、2018年に外環道の「三郷南IC~高谷JCT間が開通したことで、広域配送の利便性が大幅に向上し、物流適地として注目を集めているエリア。

新施設は外環道「松戸IC」まで4km、環状七号線まで7kmと至近で、首都圏中心部への配送に加え、高速道路網を利用した首都圏広域への配送に対応可能。新京成線「みのり台駅」から徒歩圏で、周辺に住宅地が集積しているため、従業員確保の観点からも恵まれた立地となっている。

■施設概要
建設地:千葉県松戸市稔台5-1-1他
敷地面積:3万3468.17m2
延床面積:7万1257.45m2
構造:鉄骨造、免震構造、地上4階建
施主:松戸プロパティー特定目的会社
用途:大手EC企業専用物流施設
着工:12月1日
竣工:2022年1月31日(予定)

最新ニュース

物流用語集