日立物流/世界SCM競技会で日本企業初の5位入賞

2020年12月10日 

日立物流は12月10日、オランダInchainge社がサプライチェーンマネジメント(SCM)トレーニングイベントとして毎年開催する世界SCM競技会「Global Professional Challenge 2020」で、世界400超の参加チーム中、第5位に入賞したと発表した。

<仮想空間で行われた世界大会の様子>
Global Professional Challenge 2020

日本企業による5位入賞は、今回が初めて。初参加となった日立物流は、日本予選ラウンド、日本決勝ラウンドを勝ち進み、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアバターを使った仮想空間で実施された世界大会で、実際のビジネスと同様、他チームとの共同購買等の協創活動を通じ競技に挑んだ結果、第5位入賞を果たした。

今後は、競技会を通じて得たサプライチェーン管理や経営スキルをビジネスに実装し、SCM領域でのさらなるサービス拡充に努めていくとしている。

同イベントは、Inchainge社が開発したビジネスシミュレーション型教育プログラム「TFC(The Fresh Connection)」を使ったSCM競技会で、例年300超の企業チームが世界中から参加している。

プログラムの内容は、仮想企業の経営を通して、企業経営とサプライチェーンマネジメントの実践を体験学習するもので、競技では、営業、調達、オペレーション(製造、倉庫)、サプライチェーンからなる経営チームを組織し、他の経営チームと競い合いながら、仮想企業の「ROIの最大化」を目指す。

最新ニュース

物流用語集