CRE/神奈川県内陸工業団地で2棟目の物流施設開発用地取得

2020年12月17日 

シーアールイーは12月17日、神奈川県愛甲郡愛川町で物流施設「ロジスクエア厚木I」の開発用地を取得したと発表した。

現在、2022年4月の着工、2023年3月の竣工に向けて開発プロジェクトを推進中。施設規模は地上5階建て(倉庫4層)延床面積1万8200m2を予定している。

計画地は、神奈川県厚木市と愛甲郡愛川町にまたがる内陸工業団地内に位置。圏央道「相模原愛川IC」から3.3km、国道129号線(厚相バイパス)から至近に位置し、厚木市内、相模原市内への配送に加え、圏央道経由で東名高速自動車道、中央高速自動車道を利用した広域物流の拠点としても立地優位性を備えている。

なお、同社は内陸工業団地内(厚木市上依知)にも開発用地を取得済みで、厚木市側の土地をロジスクエア厚木プロジェクトの2棟目、今回取得した愛川町側の土地を1棟目として開発プロジェクトを推進していく。

■ロジスクエア厚木Iの開発計画
建設地:神奈川県愛甲郡愛川町中津
敷地面積:9935.76m2
用途地域:工業専用地域
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造規模:構造未定 地上5階建て(倉庫4層)
延床面積:1万8200m2(予定)
着工:2022年4月(予定)
竣工:2023年3月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集