日通/中国内陸部武漢市に物流拠点を新設、消費財物流強化

2020年12月17日 

日本通運は12月17日、中国現地法人の日通国際儲運が、中国湖北省武漢市に拠点を新設、11月からアパレルの国内物流拠点として本格稼働を開始したと発表した。

<施設外観>
施設外観

<湖北省武漢市の位置図>
湖北省武漢市の位置図

<施設内内観1>
施設内内観1

<施設内内観2>
施設内内観2

日通国際儲運では武漢市に拠点新設、同種のアパレルを扱う沿岸部の広東省東莞市の拠点から、熟練スタッフを派遣、高品質を保持しつつ業務を開始した。

今後は、この武漢地区拠点を中心に、日用雑貨・アパレル等の消費財をターゲットとして、中国国内トラック輸送網、店舗向けルート配送網を構築、さらなるサービスの拡充を図り、顧客のニーズに応えていくとしている。

なお、現在中国では経済発展に伴い内陸部の購買力が上昇、アパレルをはじめとした消費財の流通量が大きく増えている。その中で、武漢市は中国主要都市の中心に位置する内陸部交通の要所であり、その地理的重要性が高くなっている。

■新倉庫の概要
住所:湖北省武漢市江夏区鄭店街道旁一村第一産業集団物流園
構造:鉄骨造、平屋建て
延床面積:2万4000m2(11月時点)
主要設備:フォークリフト12台、RFID 読み取り機11台、24時間守衛、CCTV。

最新ニュース

物流用語集