JR貨物/来年3月ダイヤ改正、積合せ貨物輸送コンテナ列車新設

2020年12月18日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は12月18日、積合せ貨物輸送のコンテナ列車新設をはじめとした2021年3月13日のダイヤ改正とサービス向上の詳細を発表した。

ダイヤ改正の主な内容は、積合せ貨物輸送のコンテナ列車新設、要望の強い地域間の輸送力増強、大型コンテナ輸送ネットワークの拡充、機関車・フォークリフトの新製だ。

<コンテナ列車の新設>
コンテナ列車の新設

<列車の運転区間>
列車の運転区間

このうち、積合せ貨物輸送のコンテナ列車の新設は、宅配便を中心とした積合せ貨物が、新しい生活様式の浸透に伴うe コマース需要の高ま
りなどを受け、利用が増加していることを受けたもの。

要望の強い地域間の輸送力増強では、姫路貨物駅発福岡ターミナル駅着でコンテナを5個増強、姫路貨物駅初名古屋ターミナル駅着で5個増強、東青森駅発札幌ターミナル駅着で5個増強する。

大型コンテナ輸送ネットワークの拡充では、広島貨物ターミナル駅で大型コンテナの取扱い個数を拡大し、大型コンテナを使用した輸送の需要に応える。取り扱いを拡大する行先は、仙台ターミナル駅、熊谷ターミナル駅、宇都宮ターミナル駅、越谷ターミナル駅、大阪ターミナル駅、姫路貨物駅。大型となる31ftコンテナの取り扱い個数を拡大する。

また、列車の運転時刻を夜間から昼間に見直し、運転時刻を変更する。

<EF210形式>
EF210形式

<HD300形式>
HD300形式

<DD200形式>
DD200形式

さらに、機関車・フォークリフトを新製する。機関車では、高速・重けん引用のEF210形式を11両、駅構内入換作業用のHD300形式を1両、本線用及び貨物駅での入換用のDD200形式を6両導入する。

<12ft用フォークリフト>
12ft用フォークリフト

<20ft用フォークリフト>
20ft用フォークリフト

<31ft・40ft用フォークリフト>
31ft・40ft用フォークリフト

フォークリフトでは、12ft用を88台、20ft用を3台、31ft・40ft用を8台導入する。

そして、コンテナホームのリニューアルを進めていくことで、輸送品質の向上を図るとともに、より一層利用しやすい駅を目指していくとしている。コンテナホームのリニューアル例として、岐阜ターミナル駅が、2021年3月竣工予定だ。

最新ニュース

物流用語集