CBcloud/沖縄県宜野湾市に沖縄2拠点目Ginowan Base開設

2021年01月18日 

CBcloudは1月18日、沖縄県内では那覇市に次いで2拠点目となるCBcloudの支社「Ginowan Base」を沖縄県宜野湾市に開設した。

<Ginowan Baseが入居するビルと共用スペース>
20210118cbcloud 520x319 - CBcloud/沖縄県宜野湾市に沖縄2拠点目Ginowan Base開設

今年1月1日に開設した大阪府大阪市の「Osaka Base」に次いで3拠点目となる。現在、新拠点開設に合わせ、Ginowan Baseのメンバーも募集している。

CBcloudは2013年の設立以降、「ドライバーファースト」、「運送会社ファースト」の視点に立ち事業を展開している。ドライバーや一般貨物事業者を荷主と直接繋ぐ「PickGo」は、2020年12月末の時点で軽貨物ドライバー登録数2万5000人、一般貨物登録車両数1万台を上回る日本最大級の配送マッチングプラットフォームとなった。

そして、「PickGo」の成長を支えるために昨年4月に開設した沖縄県那覇市の「Naha Base」の事業が順調に拡大していることから、顧客やドライバーのサポートを担うカスタマーサポートおよび主力プロダクト開発の拠点として、「Ginawan Base」を開設することになったもの。

沖縄県の中南部に位置する宜野湾市は、南部の那覇市からも、北部や中部のエリアからもアクセスしやすい立地にある。Ginowan Baseが入居する「宜野湾ベイサイド情報センター(Gwave)」は、宜野湾市の情報産業をリードする複合施設で、ITイノベーションや新しい情報発信の拠点となることを目指している。CBcloudでは、この恵まれた環境の中、地元企業との”協業”や”新規事業”、自社サービスの更なる拡大を図るとともに、沖縄県内の物流DXの促進、地域の雇用創出に貢献していく考えだ。

■「Ginowan Base」概要
住所:沖縄県宜野湾市字宇地泊558番地18 宜野湾ベイサイド情報センター部屋番号4-1(4階)
開設日:2021年1月18日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集