ナビタイム/経路探索エンジン刷新、多彩なルート検索を実現

2021年01月26日 

ナビタイムジャパンは1月26日、法人向け開発キット「NAVITIME SDK」のPC・サーバー向け経路探索エンジンを、「NAVITIME Engine」としてリニューアルし、あらたに、地域区分別・時間帯別の道路走行速度や、車両・車幅を考慮したルート検索、開かずの踏切を考慮したルート検索に対応すると発表した。

<経路探索エンジンを「NAVITIME Engine」にリニューアル>
20210126navitime 520x288 - ナビタイム/経路探索エンジン刷新、多彩なルート検索を実現

リニューアルにより、ナビタイムジャパンが提供する各種ナビゲーションサービスから収集した交通ビッグデータを元に、時間帯別・地域区分別の道路走行速度を考慮したルートを検索できるようになる。開かずの踏切の情報にも対応し、時間帯によっては踏切を回避するなど、考慮したルートを検索できる。

これらにより、実際の道路・交通状況に近く、所要時間や走行距離の精度の高いルートを算出できるようになる。また、大型車規制や道幅などの道路情報にも対応し、車両・車幅を考慮したルート検索も可能になる。

なお、経路探索エンジンと経路探索用道路ネットワークデータを顧客のシステム内に組み込むことで、システム内で完結して動作するため、例えば、タクシー等の配車システムや、物流の配送効率向上のため多数の車両と地点の組み合わせ最適化を行うなど、大量の地点や車両、ルートを一度に探索する膨大な計算が必要なケースで効果的に使うことができる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集