鴻池運輸/関空でパレットドーリー位置情報把握の実証実験

2021年01月27日 

鴻池運輸は1月27日、関西エアポートより許可を得た関西国際空港制限区域内で、1月22日より約1年間、hoopo Systems Ltd.(フーポ)が開発した位置測位センサーを活用し、グランドハンドリング業務で使用するパレットドーリーの位置情報を把握する実証実験を実施すると発表した。

<ドーリーイメージ>
20210127konoike1 520x351 - 鴻池運輸/関空でパレットドーリー位置情報把握の実証実験

<実験に使用するフーポ製位置測位センサー>
20210127konoike2 520x346 - 鴻池運輸/関空でパレットドーリー位置情報把握の実証実験

なお、フーポ製センサーを使用した日本国内の空港での実験は、今回が初めてとなる。

この実証実験は、関西国際空港および羽田空港で、グランドハンドリング業務を行っているKONOIKE グループのKグランドサービス(KGS)より、空いているドーリーを探索する手間を省き、省力化したいという現場からの改善ニーズを受けて検討を重ね、実施に至ったもの。

特に繁忙期では、空港内のドーリーの使用率が上がり、空きドーリーの探索にその都度約20~30分も要するなど、作業者への負担と効率低下が課題となっていた。そこで、各ドーリーの現在位置をリアルタイムに把握(可視化)することにより、この課題を解消し、作業効率の大幅改善が期待されるとしている。

今後は、実験で検証するドーリーの位置測位の精度検証や位置情報データの蓄積および分析結果を踏まえ、KGS他グランドハンドリング業務を提供するグループ各社へ水平展開を図るとともに、このシステムの利用により得られるビッグデータを用いた業務効率化を目指していく。

なお、これまで鴻池運輸は、ベンチャーキャピタル「グローバル IoT テクノロジーベンチャーズ」の運営するロボティクス・AI などの先端技術分野のベンチャーファンド「GiTV Fund I Investment, L.P.(以下 GiTV)」に2019年4月に出資し、現場力強化や新たな中核事業の発掘に向けて、世界中のスタートアップ企業との接点を拡大してきた。フーポは、その GiTV が出資する企業の1社で、今回の実証実験は鴻池運輸がGiTVを介した新技術の導入・活用による生産性向上や作業環境改善などに向けた取り組みとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集