タイ日通/タイ国内の医薬品輸送でGDP認証取得

2021年01月27日 

日本通運は1月27日、タイ日本通運が2020年12月22日を発効日として、航空貨物フォワーディングと連携したタイ国内輸送サービスの提供に関する医薬品の適正流通基準であるGDP(Good Distribution Practice)の認証を取得したと発表した。

<タイ日通>
20210127nittsu 520x390 - タイ日通/タイ国内の医薬品輸送でGDP認証取得

タイでは、少子高齢化の進行に加えて、ライフスタイルの欧米化に伴う生活習慣病の罹患者も拡大しており、国民の医療や医薬に関する関心度がより高まっている。これを受けて、近年、タイの医薬品市場は年率5%前後の成長率を示しており、医薬品市場全体のうち輸入医薬品は57%を占めている。

タイ日通では、今回の国内輸送サービスの認証を取得したことで、まずは日系の医薬品販売会社に対して輸入フォワーディングや配送の拡販を行い、GDP認証を取得済みのグループ各社と連携し、非日系企業に対する拡販を進める。将来は、業容拡大に向けて保管サービスの認証取得も検討していく。

■タイ日本通運の概要
所在地:2032 3rd Floor, 4th Floor, 2034/86 19th Floor Italthai Tower, New Petchburi Rd., Bangkapi, Huaykwang, Bangkok 10310

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集